債務整理

債務整理対応の弁護士・司法書士事務所

過払い金請求とは?

過払い金請求の説明図

現在、何10万人もの
キャッシング利用者に『過払い金』が返金されています。

一度でもキャッシングを利用したことがある人は、
返金の対象となる可能性があります。

『過払い金』とは法律の定めを超えて払い過ぎた利息のことです。

『>過払い金』は、消費者金融や
クレジットカード会社から現金で返金してもらうことが可能です。


実際に、
長年の借金がゼロになり、100万円以上の現金が□座に返金されたという話も珍しくありません。

しかし、「手続きが面倒」
「家族や職場に知られてしまう」等の誤解から返金手続きをためらう人も多いのが現状です。

ところが、それは、大きな誤解です。

『過払い金』請求に関しましては、当サイトで紹介しております、弁護士司法書士の事務所の
ホームページのお問い合わせフォームやメールアドレスから24時間無料相談ができ、
カードや契約書などは必要ありません。

もちろん、お客様がお借り入れ先と直接お話をする必要はありません。

ご相談は匿名でも可能です。 もちろん家族や職場に内緒で手続きができます。

借金問題から解放される方法 「債務整理の種類と流れ」のページへ

債務整理とは?

債務整理

 

「すぐに返すつもりだった」 「一度だけのつもりだった」

 

借金を重ねてしまっている人よく口にする言葉ですが、
そのつもりがなぜか多重債務者になってしまったという人が、
国内には200万人〜300万人か、それ以上いると言われています。

 

少し勇気を出して誰かに相談すればもっと早く解決していたにもかかわらず、一人で悩みどうしてよいかわからないうちに借金だけがどんどん増えていってしまったという方々にもこれからご紹介する内容を読んでいただくことで
新しいスタート切り直すチャンスがあることをぜひ知っていただきたいと思います。

 

なるべく読んでいただきやすいように、債務整理(借金を整理すること)を
行う方法を難しい専門用語はなるべく避け、わかりやすいように解説しています。

 

また、一人ではなかなか難しいとされている債務整理の
お手伝いを弁護士や司法書士にお願いすることも一つの有効な方法としてご紹介しています。

 

債務整理の種類

■民事再生
民事再生法による再生手続で、将来継続または反復して一定の収入を得る見込みのある者が、債務の一部を3年程度で支払い、残額を免除してもらう制度です。

 

再生案が認められると、借金が「借金の5分の1か100万円」の多いほうに減額できます。

 

小規模個人再生(主に自営業者が対象)と、
給与所得者等再生(主にサラリーマンが対象)の2種類があります。

 

民事再生 詳細のページへ

 

■自己破産
自己破産とは、債務者が借入し過ぎて返せなくなり、債務者が自分の全財産で借金を返済することが不可能になった場合に(支払不能)、強制的に財産を金銭にかえて全債権者に公平に分配する裁判手続です。

 

債務者自らが申し立てる破産を自己破産と呼んでいます。

 

債務者に一定の財産があるかないかで、
破産中立後の手続が同時廃止事件と管財人事件の2種類に分かれます。

 

自己破産は、無職無収入とか収入に対して
債務額が大きすぎて返済不能など、他の整理方法では解決できない場合の最終手段です。

 

自己破産 詳細のページへ

 

■任意整理
裁判所を介さずに債権者との交渉により
債務の額を確定し弁済方法について和解する債務整理方法です。

 

任意整理は債務者本人がすることもできますが、裁判所を通さない「私的な」債務整理なので、債務者本人の交渉には応じてもらえないケースが多く、応じてもらえたとしても債権者有利の合意内容になってしまいがちです。

 

任意整理をしようとする債務者の方は、弁護士や法務大臣から代理権を付与された
司法書士(認定司法書士)などの専門家に依頼したほうが良いと思います。

 

利息制限法に基づく利息で計算し債務の額を確定しますので、法律で定められた利息を超過して取引をしていた場合は、債務の額が少なくなる場合もあります。

 

債務の額が確定されれば、
その額を一括や分割による返済方法で債権者と和解することとなります。

 

適正な利息で計算し債務の額を確定した結果、既に返済が
完了し過払いが発生していた場合は、債権者に対し過払い請求を行うこともできます。

 

任意整理 詳細のページへ

 

■特定調停
特定調停は、消費者金融などの借金で「支払い不能に陥るおそれのある債務者等の経済的再生」のために、簡易裁判所の調停委員が間に入って、債権者と借金額や支払方法の変更について話し合う債務整理方法です。

 

特定調停 詳細のページへ

 

 

「弁護士に相談するのは敷居が高そう」「借金があることを知られるのが恥ずかしい」など、
弁護士や司法書士事務所のドアを叩くのは最初は少し勇気がいるかもしれませんが、
法律のプロである彼らはとても強い味方となってくれるでしょう。

 

まずはこれからご紹介する内容を読んでみてください。
借金で悩んでいる人はあなた一人ではありません。

 

ここに書かれていることを読んでいただくことで、
借金から逃げ場がないと絶望的になっていた方々の気持ちが少しでも楽になるのであれば幸いです。

借金問題から解放される方法 「債務整理の種類と流れ」のページへ

無料相談をしましょう!

過払い請求の説明

過払い金は自分でも気づかないうちに発生し、
最後の返済から10年で返金を受ける権利が消えてしまいます。
『もしかして?』と思ったその瞬間の対応が肝心です。

 

当サイトで紹介しております、弁護士司法書士の事務所は、
相談、初期費用までもが無料のため、手持ちのお金がなくても安心です。^^

 

ただ、過払い金の返金手続きにはタイムリミットがありますので、お早めにご相談ください。

 

もともとご自身のお金ですから急いで返金手続きを行い過払い金を受け取りましょう!

 

せっかく無料相談ができるのですから、少しでも気になった方は、まずは、
当サイトで紹介しております、弁護士司法書士の事務所のホームページのお問い合わせフォームから、お問い合わせをしてみることをオススメします。

債務整理対応の弁護士・司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

法律(弁護士)事務所
そうや法律事務所 サンク総合法律事務所

そうや法律事務所

サンク総合法律事務所

Duelパートナー おしなり法律事務所 岡田法律事務所 イストワール法律事務所

Duelパートナー

債務整理解決のおしなり法律事務所 

おしなり法律事務所

岡田法律事務所

【債務整理】イストワール法律事務所

イストワール法律事務所

法務(司法書士)事務所
新大阪法務司法書士事務所 司法書士法人みつ葉グループ 司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断 アヴァンス法務事務所

新大阪法務司法書士事務所

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

アヴァンス法務事務所(高承認率プロモーション)【債務整理】

アヴァンス法務事務所

女性専用の債務整理
しおり綜合法務事務所 新大阪法務司法書士事務所 債務Lady アヴァンスレディース

債務整理の相談ならしおり綜合法務事務所

しおり綜合法務事務所

新大阪法務司法書士事務所

アヴァンスレディース 債務整理プロモーション

♪女性スタッフ対応で安心♪
アヴァンスのレディース債務整理

  • 弁護士は、金額の制限なく、過払い金請求の法律相談、代理人として貸金業者との交渉や訴訟ができます。
  • 一方、司法書士(正確には、「認定司法書士」)は、貸金業者などからの個別の借金の額および過払い金が140万円以下の場合に限って、法律相談や貸金業者との交渉、訴訟などを行うことが可能です。
※一覧にない事務所についても、全国対応の弁護士司法書士にお気軽にお問い合わせください。

払い過ぎた利意(過払金)が、発生している可能性のある業者一覧

※お心当たりのある業者をチェック!

ビジネスローン消費者金融系キャッシング会社
  • SMBC(プロミス・三洋信販(ポケットバンク)
  • ライフティ
  • アイフル(ライフ)
  • SuLaLi
  • モビット
  • アコム
  • アプラス
  • 新生フィナンシャル(レイク・コーエークレジット)
  • シンキ(ノーローン)
  • CFJ(ディック・アイク・ユニマットレディス)
  • エイワ
  • ビアイジ
  • 東日本クレジット
  • SBIイコールクレジット
  • ジャパン
ビジネスローン信販系キャッシング会社
  • 三菱UFJニコス(日本信販・マイペスト・DCカード)
  • オリコ(アメニティ)イオン(ジャスコ)
  • 東北しんきんカード
  • セディナ(OMC・セントラルファイナンス・クォーク)
  • 東邦カード
  • クレディセソン(UC)
  • エポス(丸井・ゼロファースト)
  • ポケットカード(マイカルカード・さくら野カード)
  • JCB 
  • ジャックス
  • アプラス 
  • ニッセンGE(マジカルクラブ)
  • 日専連ライフサービス
  • エヌシー日商連(NCカード他)
  • KCカード(国内信販・楽天KC)
  • 福島カード
  • いわぎんDC
  • やまぎんカード(DC)
  • 七十七カード
  • フィディアカード
  • きらやかカード
※一覧にない業者についても、全国対応の弁護士司法書士にお気軽にお問い合わせください。

(上記業者は一例です)

免責事項
※お申し込みをされる際は、各、司法書士、弁護士事務所のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。