借金整理

債務整理対応の弁護士・司法書士事務所

過払い金請求をしよう!

債務整理の一括相談サイト「借金バスターズ」

 

ここからは、過払い金の意味を説明します。

 

過払い金は、年利20%以上の金利で5年以上返済を継続している場合に発生している可能性があります。

 

過払い金の貸金業者への還付請求方法なども説明していますが、
過払い金請求は法律の専門家に任せましょう。

過払い金請求|過払い金を取り戻す流れ|債務整理情報局記事一覧

引き直し計算|正確な借金の額を知ることから始める|債務整理の基礎知識

債務整理をしようと決心したならば、必ず最初に行っていただきたいことがあります。それは、借金がいくらあるのかを正確に知ることです。だいたい100万円ぐらいといったアバウトなものではなく、1円単位まではっきりさせる必要があります。そのためには今まで取引をしたことのある貸金業者ごとの借入明細書とこれまでの...

≫続きを読む

貸金業者に対して取引履歴の開示請求|過払い金を取り戻す!

借金をしたのはかなり昔からだから当時の契約書や取引明細が手元にないという場合でも、貸金業者に対して取引履歴の請求を行う権利が債務者にはあります。これは法律により認められていますから、貸金業者は拒むこともごまかすこともできません。もしそのようなことをすれば営業停止や登録取り消しといった行政処分を受ける...

≫続きを読む

グレーゾーン金利|過払い金請求|利息制限法・出資法

債務整理をおこなうにあたりまず知っておかなければならないのが金利のことです。まずは、自分の借りたいお金にはどれだけの利息がついているのか、その算定根拠はどうなっているのかを知る必要があるでしょう。まず、利息には「利息制限法」と「出資法」があり、それぞれに上限の率が違うにもかかわらず、利息制限法には罰...

≫続きを読む

過払い金とは?|払い過ぎた金利の実際の計算例|過払い金請求

過払い金は何度かお話ししたとおり、払い過ぎた金利のことです。もし、自分の借金の中で年利20%を越えて5年以上返済をし続けている状況があるのならば、払い過ぎた利子分が元金に充当されてすでに借金を返し終わっているという場合が考えられます。返済し終わってもうこれ以上返済する必要がないばかりではなく、逆に払...

≫続きを読む

過払い金返還請求通知書|過払い金を取り戻す方法(1

自分の借金の状態を調べたところ、もう返済が済んでいるどころか過払い金が発生していたとわかれば、何がなんでも過払い金を取り戻したいと思うものです。過払い金を取り戻すためにはまず「過払い金返還請求通知書」を貸金業者に発送し、そこから業者と和解交渉をスタートさせます。もし、この交渉で、埒(らち)があかない...

≫続きを読む

0円で和解・過払い金の半額で和解はNO!|過払い金を取り戻す方法(2)

過払い金返還請求通知書が貸金業者に届くと、思ってもいなかったような連絡が貸金業者から来ることは珍しくありません。「0円で和解しませんか」「過払い金の50%をすぐに支払いますのでそれで和解しませんか」などが多く、つまり裁判で争うとお互いに費用も時間もかかるので、このあたりで手を打ちませんかという誘いで...

≫続きを読む

内容証明郵便の活用|交渉過程を記録|過払い金を取り戻す方法(3)

これから過払い金を取り戻そうとする場合、特に個人でおこなう人は注意が必要です。その一つが、貸金業者とのやりとりを必ず文書で残しておくということです。業者との交渉が1度で済むことはまずありませんし、何度かやりとりをする間には電話という手段の場合も稀にあるでしょう。しかし、電話では言った内容が後に残りま...

≫続きを読む

過払い金返還民事訴訟|弁護士費用は?|債務整理の基礎

過払い金の返還をめぐって貸金業者と決裂した場合は、民事訴訟(裁判)を起こして返還を求めることになります。裁判になれば問題になってくるのが、弁護士費用や印紙代、切手代、その他にも訴状の作成や資格証明(被告である貸金業者の登記簿謄本)の取得など、費用はもちろん時間も手間もものすごくかかることになります。...

≫続きを読む

請求の趣旨・請求の原因|過払い金返還民事訴訟の訴状作成注意点

過払い金返還の民事訴訟を起こす場合は、訴状を作成して裁判所へ提出します。訴状は裁判所宛て(正本)と被告の人数分(副本)を用意します。訴状に書く内容は、「請求の趣旨」と「請求の原因」の二つになります。一つめの「請求の趣旨」とは裁判で被告に請求したい内容、いわゆる過払い金の元本およびそれに5%の金利を加...

≫続きを読む

移送の主張・消滅時効の主張・みなし弁済の主張・推定計算への反論

訴状を裁判所に提出すると、口頭弁論が開かれることになります。これは原告である債務者(あるいはその代理人である弁護士や司法書士)と、被告である貸金業者(あるいはその代理人である弁護士や司法書士)が裁判官の前でお互いの主張を話すことです。多くの場合、被告である貸金業者は以下の4つのパターンの主張をします...

≫続きを読む

過払い金返還民事訴訟提出から和解までの流れ|債務整理の基礎

過払い金の返還訴訟は、訴状を提出した後、口頭弁論が2,3回ほどあると、それで双方の言い分が出尽くしてしまい、そこで裁判所から和解が勧められるというケースがほとんどです。過払い金返還の訴状の多くは債務者が勝つ確率が高いこともあり、貸金業者も和解での解決に前向きです。一般的には元金と過払い利息の総額の8...

≫続きを読む

債務整理対応の弁護士・司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

法律(弁護士)事務所
そうや法律事務所 サンク総合法律事務所

そうや法律事務所

サンク総合法律事務所

Duelパートナー おしなり法律事務所 岡田法律事務所 イストワール法律事務所

Duelパートナー

債務整理解決のおしなり法律事務所 

おしなり法律事務所

岡田法律事務所

【債務整理】イストワール法律事務所

イストワール法律事務所

法務(司法書士)事務所
新大阪法務司法書士事務所 司法書士法人みつ葉グループ 司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断 アヴァンス法務事務所

新大阪法務司法書士事務所

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

アヴァンス法務事務所(高承認率プロモーション)【債務整理】

アヴァンス法務事務所

女性専用の債務整理
しおり綜合法務事務所 新大阪法務司法書士事務所 債務Lady アヴァンスレディース

債務整理の相談ならしおり綜合法務事務所

しおり綜合法務事務所

新大阪法務司法書士事務所

アヴァンスレディース 債務整理プロモーション

♪女性スタッフ対応で安心♪
アヴァンスのレディース債務整理

  • 弁護士は、金額の制限なく、過払い金請求の法律相談、代理人として貸金業者との交渉や訴訟ができます。
  • 一方、司法書士(正確には、「認定司法書士」)は、貸金業者などからの個別の借金の額および過払い金が140万円以下の場合に限って、法律相談や貸金業者との交渉、訴訟などを行うことが可能です。
※一覧にない事務所についても、全国対応の弁護士司法書士にお気軽にお問い合わせください。

払い過ぎた利意(過払金)が、発生している可能性のある業者一覧

※お心当たりのある業者をチェック!

ビジネスローン消費者金融系キャッシング会社
  • SMBC(プロミス・三洋信販(ポケットバンク)
  • ライフティ
  • アイフル(ライフ)
  • SuLaLi
  • モビット
  • アコム
  • アプラス
  • 新生フィナンシャル(レイク・コーエークレジット)
  • シンキ(ノーローン)
  • CFJ(ディック・アイク・ユニマットレディス)
  • エイワ
  • ビアイジ
  • 東日本クレジット
  • SBIイコールクレジット
  • ジャパン
ビジネスローン信販系キャッシング会社
  • 三菱UFJニコス(日本信販・マイペスト・DCカード)
  • オリコ(アメニティ)イオン(ジャスコ)
  • 東北しんきんカード
  • セディナ(OMC・セントラルファイナンス・クォーク)
  • 東邦カード
  • クレディセソン(UC)
  • エポス(丸井・ゼロファースト)
  • ポケットカード(マイカルカード・さくら野カード)
  • JCB 
  • ジャックス
  • アプラス 
  • ニッセンGE(マジカルクラブ)
  • 日専連ライフサービス
  • エヌシー日商連(NCカード他)
  • KCカード(国内信販・楽天KC)
  • 福島カード
  • いわぎんDC
  • やまぎんカード(DC)
  • 七十七カード
  • フィディアカード
  • きらやかカード
※一覧にない業者についても、全国対応の弁護士司法書士にお気軽にお問い合わせください。

(上記業者は一例です)

免責事項
※お申し込みをされる際は、各、司法書士、弁護士事務所のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。