債務整理

債務整理対応の弁護士・司法書士事務所

「請求の趣旨」と「請求の原因」

過払い金

過払い金返還の民事訴訟を起こす場合は、
訴状を作成して裁判所へ提出します。

 

訴状は裁判所宛て(正本)と被告の人数分(副本)を用意します。

 

訴状に書く内容は、
請求の趣旨」と「請求の原因」の二つになります。

 

一つめの「請求の趣旨」とは裁判で被告に請求したい内容、
いわゆる過払い金の元本および
それに5%の金利を加えた金額と裁判費用です。

 

二つめの「請求の原因」とは、この場合過払い金が生じていることになります。

請求金額によって変わる提出先

請求金額

そしてこれらを書くにあたり必要なのが、
返還の主張の根拠となるべき証拠となります。

 

貸金業者からの取引履歴などの書類全て重要な証拠となりますので、どんな小さなものでも捨ててはいけません。

 

貸金業者が取引履歴の開示に応じないようであれば、それだけでも貸金業者が過払い金の存在を認めているとして訴訟に進めることができます。

 

 

 

貸金業者が過払い金がないと
言い切るのであれば、その証拠を、取引履歴を全て開示しなくてはならないのです。

 

訴状は請求金額が140万円以下なら簡易裁判所へ、140万円を超えるならば地方裁判所へ提出しましょう。

 

管轄地は自分の住んでいる地域の裁判所が良いですね。

 

過払い金返還民事訴訟Bのページへ

債務整理対応の弁護士・司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

法律(弁護士)事務所
そうや法律事務所 サンク総合法律事務所

そうや法律事務所

サンク総合法律事務所

Duelパートナー おしなり法律事務所 岡田法律事務所 イストワール法律事務所

Duelパートナー

債務整理解決のおしなり法律事務所 

おしなり法律事務所

岡田法律事務所

【債務整理】イストワール法律事務所

イストワール法律事務所

法務(司法書士)事務所
新大阪法務司法書士事務所 司法書士法人みつ葉グループ 司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断 アヴァンス法務事務所

新大阪法務司法書士事務所

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

アヴァンス法務事務所(高承認率プロモーション)【債務整理】

アヴァンス法務事務所

女性専用の債務整理
しおり綜合法務事務所 新大阪法務司法書士事務所 債務Lady アヴァンスレディース

債務整理の相談ならしおり綜合法務事務所

しおり綜合法務事務所

新大阪法務司法書士事務所

アヴァンスレディース 債務整理プロモーション

♪女性スタッフ対応で安心♪
アヴァンスのレディース債務整理

  • 弁護士は、金額の制限なく、過払い金請求の法律相談、代理人として貸金業者との交渉や訴訟ができます。
  • 一方、司法書士(正確には、「認定司法書士」)は、貸金業者などからの個別の借金の額および過払い金が140万円以下の場合に限って、法律相談や貸金業者との交渉、訴訟などを行うことが可能です。
※一覧にない事務所についても、全国対応の弁護士司法書士にお気軽にお問い合わせください。

払い過ぎた利意(過払金)が、発生している可能性のある業者一覧

※お心当たりのある業者をチェック!

ビジネスローン消費者金融系キャッシング会社
  • SMBC(プロミス・三洋信販(ポケットバンク)
  • ライフティ
  • アイフル(ライフ)
  • SuLaLi
  • モビット
  • アコム
  • アプラス
  • 新生フィナンシャル(レイク・コーエークレジット)
  • シンキ(ノーローン)
  • CFJ(ディック・アイク・ユニマットレディス)
  • エイワ
  • ビアイジ
  • 東日本クレジット
  • SBIイコールクレジット
  • ジャパン
ビジネスローン信販系キャッシング会社
  • 三菱UFJニコス(日本信販・マイペスト・DCカード)
  • オリコ(アメニティ)イオン(ジャスコ)
  • 東北しんきんカード
  • セディナ(OMC・セントラルファイナンス・クォーク)
  • 東邦カード
  • クレディセソン(UC)
  • エポス(丸井・ゼロファースト)
  • ポケットカード(マイカルカード・さくら野カード)
  • JCB 
  • ジャックス
  • アプラス 
  • ニッセンGE(マジカルクラブ)
  • 日専連ライフサービス
  • エヌシー日商連(NCカード他)
  • KCカード(国内信販・楽天KC)
  • 福島カード
  • いわぎんDC
  • やまぎんカード(DC)
  • 七十七カード
  • フィディアカード
  • きらやかカード
※一覧にない業者についても、全国対応の弁護士司法書士にお気軽にお問い合わせください。

(上記業者は一例です)

免責事項
※お申し込みをされる際は、各、司法書士、弁護士事務所のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。