過払い金請求

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所) 無料電話相談

早期解決をお望みの方は、電話での相談をお勧めします!

債務整理の無料相談はこちら→0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。

貸金業者には開示義務がある

取引履歴の開示請求

借金をしたのはかなり昔からだから当時の契約書や取引明細が手元にないという場合でも、貸金業者に対して取引履歴の請求を行う権利が債務者にはあります。

 

これは法律により認められていますから、
貸金業者は拒むこともごまかすこともできません。

 

もしそのようなことをすれば営業停止や登録取り消しといった
行政処分を受けることになるからです。

 

したがって、書類が揃わないからと
勝手にあきらめてしまうことだけは避けましょう。

 

実際に開示請求をおこなうことになれば、
まずは貸金業者に「取引履歴開示依頼書」を郵送することがスタートとなります。

 

これはこちらが権利を行使する旨を相手に伝える大切な書類ですから、
なるべく書留郵便や内容証明郵便を使い、郵送したことや届いたことが証拠として残るようにしましょう。

 

きちんと貸金業者に届いているのに
不開示だった場合やそれを装った場合には、損害賠償請求の証拠になります。

 

取引履歴開示依頼書が届いてから約1〜2ヶ月ほどで取引履歴の開示が行われるでしょう。

 

開示に応じない業者がいた場合は

取引履歴の開示請求

もし、開示に応じない業者がいた場合は過払い金が発生している可能性が大きいと言えます。

 

何度か請求しても応じないようであれば、全国各地にある財務局あるいは都道府県の金融課に「行政指導ならびに行政処分を求める申告書」を送りましょう。

 

多分、すぐに応じるでしょう。


また、このような請求をしたら急に「0円和解」を提示してくる業者もいます。

 

これは残金を請求しないかわりに契約をなかったことにしようとするものであり、一見良さそうに見えますが、過払い金をごまかそうとしている可能性があります。

 

このような申し出には決して引っかからないようにしましょう。

 

金利のからくりを知ろうのページへ

【任意整理費用が最大3万円減額】 アヴァンス法務事務所

貸金業者に対して取引履歴の開示請求|過払い金を取り戻す!関連ページ

借金の額を知ることから始める
正確な引き直し計算の重要性についてを説明しています。
金利のからくりを知ろう
「利息制限法」と「出資法」を説明しながら金利の絡繰(からく)りについて解説をしています。
過払い金とは?
「過払い金」とはどういうものかを解説しています。
過払い金を取り戻す方法(1)
過払い金を取り戻すのには、「弁護士」か「司法書士」相談した方が最良です。
過払い金を取り戻す方法(2)
貸金業者の不当な和解案を受け入れないことに注意を!
過払い金を取り戻す方法(3)
交渉過程を記録に残すことの重要性を解説します。
過払い金返還民事訴訟@
過払い金返還民事訴訟について解説しています。
過払い金返還民事訴訟A
過払い金返還民事訴訟で、訴状を提出する時の注意事項について解説しています。
過払い金返還民事訴訟B
口頭弁論での貸金業者からの反論について説明しています。
過払い金返還民事訴訟C
過払い金返還訴訟の和解と解決について説明しています。