過払い金返還請求

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所) 無料電話相談

早期解決をお望みの方は、電話での相談をお勧めします!

債務整理の無料相談はこちら→0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。

過払い金返還は「早い者勝ち」の面もあります。

過払い金を取り戻す方法

自分の借金の状態を調べたところ、もう返済が済んでいるどころか過払い金が発生していたとわかれば、何がなんでも過払い金を取り戻したいと思うものです。

 

過払い金を取り戻すためにはまず「過払い金返還請求通知書」を貸金業者に発送し、そこから業者と和解交渉をスタートさせます。

 

もし、この交渉で、埒(らち)があかないようなことがあれば、
裁判を起こすのも一つの方法です。

 

しかし、ここで問題はたとえ和解が成立したり裁判で勝ったりしたとしても、すぐにお金が返ってくる保証はありません。

 

弁護士や司法書士に相談し裁判にはならなかった場合で、3〜4ヶ月ほどはかかります。
これが金額が大きかったり、裁判になったりした場合、1年以上経つ場合もあります。

ない袖は振れない?

過払い金を取り戻す方法

最近ではこのような過払い金返還請求の増加に伴い、
貸金業者の経営状態もとても苦しいものになっています。

 

大きな業者ならまだしも、小さな個人経営のような貸金業者では、
ない袖は振れない」とばかりに返金が遅れたり、戻ってこなかったりするケースさえあります。


 

このようなケースに巻き込まれないようにするには、もし過払い金があるとわかったら
1日でも早く弁護士や司法書士に相談して、できるだけ早く返還請求を行うことです。
早ければ早いほど良いと言えるでしょう。

 

また、ついつい忘れがちですが、過払い金にも利子は発生します。
過払い金を貸金業者に請求する段階で利子も請求しておきましょう。

 

場合によっては、和解の際に過払い金の利子は、
免除するが過払い金自体は全額支払ってもらうという取引条件をつけることもできます。

 

過払い金を取り戻す方法(2)のページヘ

【任意整理費用が最大3万円減額】 アヴァンス法務事務所

過払い金返還請求通知書|過払い金を取り戻す方法(1関連ページ

借金の額を知ることから始める
正確な引き直し計算の重要性についてを説明しています。
取引履歴の開示を求めよう
取引履歴の開示を行うことの具体的な方法を説明しています。
金利のからくりを知ろう
「利息制限法」と「出資法」を説明しながら金利の絡繰(からく)りについて解説をしています。
過払い金とは?
「過払い金」とはどういうものかを解説しています。
過払い金を取り戻す方法(2)
貸金業者の不当な和解案を受け入れないことに注意を!
過払い金を取り戻す方法(3)
交渉過程を記録に残すことの重要性を解説します。
過払い金返還民事訴訟@
過払い金返還民事訴訟について解説しています。
過払い金返還民事訴訟A
過払い金返還民事訴訟で、訴状を提出する時の注意事項について解説しています。
過払い金返還民事訴訟B
口頭弁論での貸金業者からの反論について説明しています。
過払い金返還民事訴訟C
過払い金返還訴訟の和解と解決について説明しています。