自己破産

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所) 無料電話相談

早期解決をお望みの方は、電話での相談をお勧めします!

債務整理の無料相談はこちら→0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。

免責にならない事由と債務がある

自己破産

自己破産をすれば借金がゼロになるとお話しましたが、
誰でもどんな債務でも免責になるというわけではありません。

 

そこまでしてしまうと
やはりモラル上でも問題が生じることになります。

 

ここでは免責にならない場合の
事由と債務について考えてみたいと思います。

 

申立人が以下に該当するような事をしていた場合は免責が
認められないこともあるので覚えておきましょう。

 

また、免責が認められたとはいえ、実際には全ての借金がなくなるわけではありません。
免責とならない債務があることも覚えておく必要があります。

 

免責にならない事由

●故意に資産を隠す
●不当に資産を安く処分してしまう
●借金の理由のほとんどがギャンブルや投資・投機行為、飲食などの遊興費である
●ローンをくんで買った商品をローンの完済前に売ってしまい、それらをお金に換えてしまった
●故意に債権者を隠していた
●破産管財人に協力的ではなかった

免責とならない債務

以下の債務(破産法上の非免責債権)は,
免責許可の決定がおりたとしても、例外として支払義務が残ります。

●租税などの請求権
●破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
●破産者が故意、
  または重大な過失によって加えた人の生命や身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権
●雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権、および使用人の預かり金の返還請求権
●婚姻の費用の請求権
●子供の養育費の請求権
●破産者が債権者がいるとわかっていながら、債権者名簿に記載しなかった請求権
●罰金などの請求権

 

 

自己破産の費用 のページへ

【任意整理費用が最大3万円減額】 アヴァンス法務事務所

免責にならない事由と債務|自己破産|免責が認められない場合は?関連ページ

自己破産とは?
自己破産の概要についてです。
自己破産が認められるケース
「支払い不能」かどうかが、認められるのがポイントです。
自己破産の仕組み
自己破産の仕組みについて。
自己破産で困ること
自己破産で不利益を被ることについて。
自己破産手続きに
おいて処分されるもの
不動産・自動車・現金・退職金・保険解約返戻金・敷金・返還請求権などについて。
自己破産の費用
自己破産にかかる費用について。
自己破産に必要な書類
自己破産に必要な書類について。
裁判所への申し立て
裁判所への申し立てについての内容と注意事項。
自己破産 Q&A @
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A A
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A B
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A C
自己破産についての疑問点と回答です。