債務整理

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所) 無料電話相談

早期解決をお望みの方は、電話での相談をお勧めします!

債務整理の無料相談はこちら→0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。

自己破産手続きにおいて資産と見なされるもの

自己破産

先述したとおり、自己破産を申し立てることになった人のほとんどはお金に換えられるような財産を持っていないので、
「同時廃止事件」になる場合が多いです。

 

しかし、以下のような資産を
持っている場合には「管財事件」
となります。

 

これぐらいなら大丈夫と勝手に決めつけたり、
隠したりすることのないようにしましょう。

 

もし、以下の資産を持っていて「管財事件」となれば、破産管財人によって資産は換金され、債権者に分配されることになります。

 

 

@ 不動産

 

残っている住宅ローンの額が、
不動産会社が査定した評価額の1.5倍未満の場合は資産と見なされることになります。

 

 

A 自動車

 

評価額20万円以上の自動車は資産と見なされます。

 

新規登録されたのが6年前(軽自動車なら4年前)ならば価値がないと見なされますが、外車や
国内高級車などは6年を超えても20万円の価値があると査定されることもあるので注意が必要です。

 

 

B 現金

 

99万円までの現金は破産者が自由にしても良い財産です。

 

 

C 退職金

 

破産を申し立てた時点で退職をした場合、
支給されるであろう退職金の1/8が20万円を超える時は資産と見なされます。

 

 

D 保険解約返戻金

 

保険健を解約することですぐに入ってくるお金が20万円以上の場合は資産と見なされます。
また、複数の保険を解約して戻ってくるお金の合計金額が20万円以上の場合も同様です。

 

 

E 敷金返還請求権

 

敷金の返金についてはこれがたとえ20万円以上あっても資産とは見なされません。

 

 

免責が認められないケース のページへ

 

【任意整理費用が最大3万円減額】 アヴァンス法務事務所

自己破産手続きにおいて処分されるもの|不動産・自動車以外は?関連ページ

自己破産とは?
自己破産の概要についてです。
自己破産が認められるケース
「支払い不能」かどうかが、認められるのがポイントです。
自己破産の仕組み
自己破産の仕組みについて。
自己破産で困ること
自己破産で不利益を被ることについて。
免責が認められないケース
免責が認められないケースについて。
自己破産の費用
自己破産にかかる費用について。
自己破産に必要な書類
自己破産に必要な書類について。
裁判所への申し立て
裁判所への申し立てについての内容と注意事項。
自己破産 Q&A @
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A A
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A B
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A C
自己破産についての疑問点と回答です。