自己破産

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所) 無料電話相談

早期解決をお望みの方は、電話での相談をお勧めします!

債務整理の無料相談はこちら→0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。

総合的な判断で行われる自己破産

自己破産

自己破産を申し立てるには、その理由がなくてはなりません。

 

いわゆる、「申立人が支払不可能な状態である」ことを裁判所に認定してもらわなくてはなりません。

 

この支払不可能な状態とは、借金を一般的かつ継続的に
弁済することができない客観的状態のことを言います。

 

申立人が支払不可能な状態にあるかどうかは、財産や信用、労力の他に、年齢、性別、職業、給与、健康状態、家族の援助なども加味しながら、ケースバイケースの判断となります。

 

一概に債務の額だけで判断するのではなく、支払不可能な状態が一時的なものではないことが重要です。

 

いずれにしても複雑なことが多いので、弁護士司法書士に相談するのがお勧めです。

 

さて、以下のあげる例は自己破産が認められやすいと言われているケースです。

@ 月収20万円ほどのサラリーマンが貸金業者から350〜400万ぐらい借金をしたケース。
これは現在の業者の平均金利で計算すると返済だけで毎月8〜10万円になりますので、
これでは他に財産や特別収入などがないと支払い不可能な債務となってしまいます。

 

A 生活保護を受けているのに生活費の足しとして100万円を借りたけれども、返せる見込みがないと行った場合、たとえ借入が少額であっても支払能力がないと判断されます。

 

B 自営業などで1億円もの負債を抱えて返済のメドが立たない場合は、
支払不能と判断されてしまいます。ただし、店舗や備品などの資産は管財人によって処分されます。

 

自己破産の仕組み のページへ

 

【任意整理費用が最大3万円減額】 アヴァンス法務事務所

自己破産が認められるケース|支払い不能と認定されよう!関連ページ

自己破産とは?
自己破産の概要についてです。
自己破産の仕組み
自己破産の仕組みについて。
自己破産で困ること
自己破産で不利益を被ることについて。
自己破産手続きに
おいて処分されるもの
不動産・自動車・現金・退職金・保険解約返戻金・敷金・返還請求権などについて。
免責が認められないケース
免責が認められないケースについて。
自己破産の費用
自己破産にかかる費用について。
自己破産に必要な書類
自己破産に必要な書類について。
裁判所への申し立て
裁判所への申し立てについての内容と注意事項。
自己破産 Q&A @
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A A
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A B
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A C
自己破産についての疑問点と回答です。