債務整理

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所) 無料電話相談

早期解決をお望みの方は、電話での相談をお勧めします!

債務整理の無料相談はこちら→0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。

膨大な書類が必要

自己破産

債務整理の中でも自己破産は借金をなしにするという
債務者にも債権者にもとても影響の大きなことです。

 

そのため裁判所はそれをしようとする人に対して、資産や
負債などの状況を詳しく知るために詳しい説明を必要とします。

 

したがって、自己破産の申立をおこなう場合には
多くの種類の提出が必要になります。

 

これらの書類は申立をおこなう人が住んでいる地域を管轄する
地方裁判所の破産係窓口で入手することができます。

 

書式は地方裁判所ごとに若干の違いはありますが、ほぼ記入すべき事項は同じです。

 

裁判所ではこれらの書類をもとに審尋を受けることになるため、作成には十分な注意が必要です。

 

もちろん、不備があればやり直しですし、何度も裁判所に行かなくてはなりません。

 

これらのことを考えると、個人で自己破産の申立を
すること自体は可能ですがはたしてきちんとした書類を一度で提出できるでしょうか。

 

書類作成は想像以上に大変な作業になりますので、なるべく早い解決を望んでいる人や
自分で書類を作成するなどの時間がない人は弁護士司法書士などに依頼されることをお勧めします。

 

重要なのは陳述書

自己破産

特に書類の中でも重要なのは陳述書です。

 

これは申立人がどうして借金が返済できなくなってしまったのかといった理由を裁判所にわかりやすく説明するものです。

 

この陳述書は数値だけではなく、ここに至った経緯やそれまでに行った努力などをきちんと筋書きを立てて書くことが重要です。

 

裁判所ではこの陳述書により多くのことを判断するのですから、この陳述書の出来具合によって免責許可が受けられるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

 

 

裁判所への申し立て のページへ

【任意整理費用が最大3万円減額】 アヴァンス法務事務所

自己破産に必要な書類|膨大な書類必須|法律の専門家必須<関連ページ

自己破産とは?
自己破産の概要についてです。
自己破産が認められるケース
「支払い不能」かどうかが、認められるのがポイントです。
自己破産の仕組み
自己破産の仕組みについて。
自己破産で困ること
自己破産で不利益を被ることについて。
自己破産手続きに
おいて処分されるもの
不動産・自動車・現金・退職金・保険解約返戻金・敷金・返還請求権などについて。
免責が認められないケース
免責が認められないケースについて。
自己破産の費用
自己破産にかかる費用について。
裁判所への申し立て
裁判所への申し立てについての内容と注意事項。
自己破産 Q&A @
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A A
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A B
自己破産についての疑問点と回答です。
自己破産 Q&A C
自己破産についての疑問点と回答です。