債務整理

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所) 無料電話相談

早期解決をお望みの方は、電話での相談をお勧めします!

債務整理の無料相談はこちら→0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。

民事再生

債務整理の一括相談サイト「借金バスターズ」

民事再生は、裁判所に申し立てを行い、多額の借金を
支払い可能な額まで減額して、家や自動車などの
資産を手放さずに返済を続けて行ける方法です。

 

一定の返済能力を持っており、
自己破産をすると不都合が生じる人に向いている手法です。

民事再生の手続き|債務整理の基礎記事一覧

民事再生とは|借金大幅減額・財産死守可能|債務整理の基礎

債務整理で任意整理が成立しなかった場合に次に考えられるのが民事再生と自己破産です。自己破産では自宅や自動車といった高価な資産は処分しなくてはなりませんし、破産期間中はある一定の職業には就けなかったりします。これを避けたい人が選ぶのが民事再生です。もともと民事再生は企業の再生のために作られたものですが...

≫続きを読む

民事再生のメリット|民事再生の特徴・長所|債務整理の基礎

ここでは民事再生のメリットについてご説明しましょう。 借金を大幅に減額民事再生では自己破産のように借金がゼロにはなりません。しかし、債務者が返済可能な金額まで減額することができます。これは客観的な判断により行なわれますが、借金の総額に応じて法律により下限が決まっています。 高価な資産を守れる民事再生...

≫続きを読む

小規模個人再生手続とは|借金90%減額の可能性有り民事再生

民事再生には2種類あるとお話しましたが、ここではそのうちの一つ「小規模個人再生手続」についてご説明したいと思います。まずは、小規模個人再生手続を利用できる人の条件についてです。それには以下の2つが必要です。@ 住宅ローンを除いた債務の総額が5000万円以下ここで勘違いしてはいけないのが債務総額という...

≫続きを読む

給与所得者等再生手続とは|結婚して扶養者が多い人に有利な民事再生

民事再生には2種類あるとお話しましたが、ここではそのうちの一つ「給与所得者等再生手続」についてご説明したいと思います。まずは、給与所得者等再生手続を利用できる人の条件です。これには先述の小規模個人再生手続の対象となる条件にプラスして、「継続的収入の変動幅が小さいと見込まれる」ことが必要になります。そ...

≫続きを読む

民事再生の進め方・流れ|小規模再生手続|給与所得者等再生手続

民事再生の手続きは小規模再生手続でも給与所得者等再生手続でもおおよそ以下のような同じ流れになります。@ 申立申立は債務者の住所地を管轄する地方裁判所におこないます。A 個人再生委員の決定ここで選出される個人再生委員とは債務者の財産や収入、借金などの状況を確認し、再生計画案の作成にアドバイスをおこない...

≫続きを読む

ハードシップ免責|事故・病気|やむ得ない事情で支払い不能時

再生案通りの返済が見込めないと判断されたり、小規模個人再生で債権者の過半数、債権額の過半数の借入先が反対をして、民事再生が認可されない場合の処置について考えてみたいと思います。こうなってしまうとここで民事再生手続は終了となってしまいますので、新たに再生計画案を練り直して民事再生の申立を再度おこなうの...

≫続きを読む

民事再生に必要な書類と費用|個人で困難民事再生|債務整理の基礎

民事再生をおこなう場合多くの書類が必要となりますが、以下の4つは特に重要な書類として覚えておきましょう。●申立書●収入および主要財産一覧表●債権者一覧表●陳述書この中で内容が自由に書けるものといえば陳述書です。したがって、どのような内容を書くのかはとても重要になってきます。ここではこのように民事再生...

≫続きを読む

住宅ローン(住宅資金貸付債権)特則|住宅手放したくない方の民事再生

住宅ローンを残したまま民事再生を進めることになったけれども、家族もいるので住宅は手放したくないという人には有難い制度があります。それは「住宅ローン(住宅資金貸付債権)特則」という制度で、小規模個人再生でも給与所得者等再生でも利用できる制度です。一般的に住宅ローンがある人には住宅そのものに抵当権がつけ...

≫続きを読む

民事再生Q&A|任意整理の疑問に返答|債務整理の基礎

民事再生は誰でも利用可能ですか?民事再生には利用できる人の条件があります。法律上で言えば、「将来的に継続・反復して収入があること」となっていますので、サラリーマンや公務員、自営業者の人はまず問題なく利用可能です。アルバイトやパートタイマー、年金受給者でも利用可能ですが、生活保護を受けている人は利用で...

≫続きを読む

民事再生の問と答え|民事再生の疑問解決|債務整理の基礎

民事再生では債権者を選択することはできますか。債務整理の方法の中でこの民事再生と自己破産においては債権者全てを対象として手続きをしなくてはなりません。債権者を選択できるのは、任意整理と特定調停だけとなります。民事再生では保証人にどのような影響がありますか。残酷なようですが、民事再生をおこなうことで申...

≫続きを読む

【任意整理費用が最大3万円減額】 アヴァンス法務事務所