民事再生

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所) 無料電話相談

早期解決をお望みの方は、電話での相談をお勧めします!

債務整理の無料相談はこちら→0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。

任意整理 Q&A A

民事再生では債権者を選択することはできますか。

債務整理の方法の中でこの民事再生と
自己破産においては債権者全てを対象として手続きをしなくてはなりません。

 

債権者を選択できるのは、任意整理と特定調停だけとなります。

民事再生では保証人にどのような影響がありますか。

残酷なようですが、
民事再生をおこなうことで申立人の借金は減っても保証人の支払義務は変わりません。

 

このような場合には保証人にもきちんと説明をし、
保証人自身も債務整理を考える必要が出てくるかもしれません。
これは簡単に保証人になってはいけないという理由がわかってもらえるのではないでしょうか。

 

ただし、住宅ローンの保証人に限っては
民事再生の効力が及ぶ範囲となりますので、保証人に迷惑がかかることはないでしょう。

民事再生の手続きを進めていることを家族や会社に知られたくないのですが。

民事再生の申立から手続き、処理に至るまで、基本的には誰にも知られずに進めることは可能です。
ただし、会社に借入れがある場合は要注意です。

借金をした理由が浪費やギャンブルの場合でも民事再生ができますか。

基本的には関係ありませんが、借金総額の中でその浪費やギャンブルといったことで作られた借金は
どのぐらいの割合であるのかということはある一つの基準になることは確かです。

民事再生をおこなうと自動車や家財道具は持っていかれてしまうのですか?

自動車については購入時に組んだ自動車ローンが残っているのならば、
持っていかれてしまうことになるのが原則です。

 

ただし、家財道具は取られるようなことはありません。

民事再生をすると今後はお金が借りられなくなるのでしょうか。

ここではっきりしておきたいのは、民事再生をしたからお金が借りられないのではなく、民事再生をした結果、信用情報期間にその事実が登録されることで(ブラックリストに載る)一時的に借入ができなくなるのです。

 

しかし、その登録も5〜7年程度で解除されるということなので、
その期間を過ぎれば今まで通りにお金を借りたり、ローンを組んだりすることができます。

 

 

自己破産の手続きについて のページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【任意整理費用が最大3万円減額】 アヴァンス法務事務所

民事再生の問と答え|民事再生の疑問解決|債務整理の基礎関連ページ

民事再生とは
民事再生の概要について説明しています。
民事再生のメリット
民事再生のメリットについて説明しています。
小規模個人再生手続とは
小規模個人再生手続について説明しています。
給与所得者等再生手続とは
給与所得者等再生手続について説明しています。
民事再生の進め方・流れ
民事再生の進め方・流れについて説明しています。
不認可、または返済不可能時
不認可、または返済不可能になった場合について。
必要な書類と費用
返済能力の証明がポイントの民事再生は書類作成も費用捻出も大変。
住宅ローン特則とは
民事再生の住宅ローン特則についての解説です。
民事再生 Q&A @
民事再生についての疑問点と回答です。