債務整理

債務整理対応の弁護士・司法書士事務所

任意整理 Q&A B

任意整理をすると決めたことで

貸金業者から嫌がらせを受けることはないでしょうか。

任意整理は借金をしている者とお金を貸している者とが直接に交渉して和解をする手段です。
したがって、それを行う相手を選ぶことはできます。

 

たとえば、自動車のローンを任意整理の対象にしてしまうと自動車は返却しなくてはなりません。

 

自動車のローンは
支払い続けるので自動車はそのままにしたい場合、自動車は対象から外すことができます。
一方で信販会社を除くことについてはあまり合理性があるとは考えられないのが一般論です。

任意整理をしたら今後は借金はできないのですか。

任意整理をしたことでこれからの人生でずっとお金を借りることができなくなるということはありません。

 

しかし、任意整理をした事実が
信用情報期間に登録されるためにだいたい5〜7年ほどはお金を借りることはできません。

 

この期間が過ぎると登録は解消されますので、
また従来通りにお金をかりたりローンを組んだりすることは可能です。

 

しかし、今回任意整理を
することになってしまった経緯を忘れることなく、同じ失敗を繰り返さないことが大切です。

任意整理では必ず和解が成立しますか

任意整理は直接債務者(弁護士や司法書士)と債権者が交渉することになります。
したがって、まず交渉に慣れている
弁護士や司法書士が行えば特に大きな問題がなければほとんどのケースで和解が成立します。

 

では和解が難しいケースにはどのようなことが考えられるでしょうか。

 

まずは債権者に問題がある場合。
これは取引履歴をなかなか開示しなかったり、返金を渋ったりする場合です。

 

しかし、最近では金融庁による
行政処分なども強化されてきているのであまり心配する必要はありません。

 

次は債務者に問題がある場合。
たとえば、借入後一度も返済をしていなかったり、
借入理由が他の借入の返済のためだったりといった悪質な場合、穏便な交渉は難しくなります。

 

最後に弁護士や司法書士などの専門家に問題がある場合。
弁護士や司法書士は任意整理後の支払いが
どのぐらいになるのかを依頼者である債務者に提案することになります。

 

ついこれが債務者の立場に立ち過ぎて貸金業者を顧みなかったものとなってしまった場合、双方で折り合いがつかなくなってしまうこともあります。

交渉しても折り合いがつかなかったらどうなりますか。

任意整理は取り過ぎていた利息については減額となりますが、
残金を毎月いくらでいつまで支払いうかということについては決まりがありません。

 

したがって、これこそを債務者側と債権者側で交渉することにとても大きな意味があります。

 

お金を貸した債権者側は超過していた利息は減額に応じましたし、
後は利息を取らずに貸しているお金を返してもらうだけになったわけです。

 

こうなった以上、そのお金ぐらいは一日も早く返して思うのは当然です。
どれだけかかっても構わないから
いつでも返してくれたら良いですなんていう貸金業者はどこもありません。

 

一方、お金を借りた債務者側は残金をきちんと支払うためにも生活を継続していくためにも、
1回の支払額が少しでも少ない方が良いに決まっています。

 

このように双方の考え方は相反していて当たり前なのです。

 

このような状態をわかっていながらも、貸金業者の立場を全く考えずに
月々の支払額を抑えよう抑えようとばかりすると折り合いがつかなくなってしまうこともあります。

 

折り合いがつかなかったどうしようと考えるよりは、せっかく任意整理をすると決心したのですから、
最初から折り合いがついて和解が成立するような内容を考えることが必要です。

 

そして考えてみた結果、無理だと判断されれば自己破産などの別の方法を選択するのも一つです。

 

弁護士や司法書士も依頼者である債務者のことだけではなく、
貸金業者のことも考えた上で提案する力が求められると言えるでしょう。

 

 

 

民事再生の手続きについて のページへ

 

 

 

債務整理対応の弁護士・司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

法律(弁護士)事務所
そうや法律事務所 サンク総合法律事務所

そうや法律事務所

サンク総合法律事務所

Duelパートナー おしなり法律事務所 岡田法律事務所 イストワール法律事務所

Duelパートナー

債務整理解決のおしなり法律事務所 

おしなり法律事務所

岡田法律事務所

【債務整理】イストワール法律事務所

イストワール法律事務所

法務(司法書士)事務所
新大阪法務司法書士事務所 司法書士法人みつ葉グループ 司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断 アヴァンス法務事務所

新大阪法務司法書士事務所

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

アヴァンス法務事務所(高承認率プロモーション)【債務整理】

アヴァンス法務事務所

女性専用の債務整理
しおり綜合法務事務所 新大阪法務司法書士事務所 債務Lady アヴァンスレディース

債務整理の相談ならしおり綜合法務事務所

しおり綜合法務事務所

新大阪法務司法書士事務所

アヴァンスレディース 債務整理プロモーション

♪女性スタッフ対応で安心♪
アヴァンスのレディース債務整理

  • 弁護士は、金額の制限なく、過払い金請求の法律相談、代理人として貸金業者との交渉や訴訟ができます。
  • 一方、司法書士(正確には、「認定司法書士」)は、貸金業者などからの個別の借金の額および過払い金が140万円以下の場合に限って、法律相談や貸金業者との交渉、訴訟などを行うことが可能です。
※一覧にない事務所についても、全国対応の弁護士司法書士にお気軽にお問い合わせください。

払い過ぎた利意(過払金)が、発生している可能性のある業者一覧

※お心当たりのある業者をチェック!

ビジネスローン消費者金融系キャッシング会社
  • SMBC(プロミス・三洋信販(ポケットバンク)
  • ライフティ
  • アイフル(ライフ)
  • SuLaLi
  • モビット
  • アコム
  • アプラス
  • 新生フィナンシャル(レイク・コーエークレジット)
  • シンキ(ノーローン)
  • CFJ(ディック・アイク・ユニマットレディス)
  • エイワ
  • ビアイジ
  • 東日本クレジット
  • SBIイコールクレジット
  • ジャパン
ビジネスローン信販系キャッシング会社
  • 三菱UFJニコス(日本信販・マイペスト・DCカード)
  • オリコ(アメニティ)イオン(ジャスコ)
  • 東北しんきんカード
  • セディナ(OMC・セントラルファイナンス・クォーク)
  • 東邦カード
  • クレディセソン(UC)
  • エポス(丸井・ゼロファースト)
  • ポケットカード(マイカルカード・さくら野カード)
  • JCB 
  • ジャックス
  • アプラス 
  • ニッセンGE(マジカルクラブ)
  • 日専連ライフサービス
  • エヌシー日商連(NCカード他)
  • KCカード(国内信販・楽天KC)
  • 福島カード
  • いわぎんDC
  • やまぎんカード(DC)
  • 七十七カード
  • フィディアカード
  • きらやかカード
※一覧にない業者についても、全国対応の弁護士司法書士にお気軽にお問い合わせください。

(上記業者は一例です)

免責事項
※お申し込みをされる際は、各、司法書士、弁護士事務所のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。