債務整理

弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所) 無料電話相談

早期解決をお望みの方は、電話での相談をお勧めします!

債務整理の無料相談はこちら→0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル0120-281-873弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。

任意整理

不動産

債務整理の方法の一つである任意整理とは、債務者本人あるいはその代理人である弁護士や司法書士が裁判所などの力を借りずに、貸金業者と直接和解の交渉をし、結果的に返済額や金利、返済期間などを変更してもらうことを言います。

 

他の二つの方法である、民事再生や自己破産と違って、
一気に借金が減ることはありませんが、
不動産や自動車などの財産を処分する必要もありません。

 

「官報」に名前が載ることもありませんし、
事業をしている人はそのまま継続することも可能です。

 

また、任意整理と他の方法との違いは、
任意整理の場合、全てにおいて公平に債務整理をしなくてもよいのです。

 

保証人がついている分はそのまま返済を続け、
それ以外は任意整理で減額をするといったことができるのです。

貸金業者が非協力的な場合は?

融資

ただ、ここで問題になるのは、
貸金業者と直接交渉を上手くできるかどうかということなのです。

 

任意整理も基本的には貸金業者には不利になる場合が
多いので、なかなか協力的な態度は取ってもらえません。

 

それが債務者本人、いわゆる個人であればなおさらです。

 

やはりそのような場合は弁護士や司法書士といった法律の専門家が出て行けば、業者も話しを聞く態度に変わらざるを得ません。

 

 

また、弁護士や司法書士に依頼すればその時点で受任通知が届き、
取立や督促をストップさせることができる上に、その後の交渉も一任することができて安心です。

 

スムーズな任意整理を求めるのならば、弁護士司法書士に依頼した方がよいでしょう。

 

任意整理で和解が成立してもその後に滞ってしまえば今までの努力が水の泡となります。

 

任意整理で債務整理をするのに向いているのは、債務額が年収の1.5倍以内であること、
毎月安定した収入があること、月々の返済額が減れば確実に返済が続けられる人です。

 

任意整理の特徴

裁判所などの力を借りずに、

貸金業者と直接和解の交渉して、返済額や金利、返済期間を変更してもらう。


不動産や自動車などの財産を処分する必要がない。


事業を継続しながら返済可能。


特定の債権者を選んで交渉することが可能。


官報に名前が載らない。


 

任意整理の流れのページへ

【任意整理費用が最大3万円減額】 アヴァンス法務事務所

任意整理とは?|財産処分必要無し|任意整理のメリット関連ページ

任意整理の流れ
過払い金を取り戻す流れについて。
任意整理の特徴
任意整理のメリットを生かして交渉することの重要性を解説しています。
悪徳な取立てへの対処方法
職場に押しかけてきたら!?など悪徳な借金取立てへの対処方法です。
ヤミ金への対応
ヤミ金融への対応の仕方とヤミ金専門で対応している法務事務所の紹介です。
ブラックリストに載るということ
ブラックリスト登録されるとどうなるのでしょうか?
特定調停とは?
「特定調停」について解説しています。
特定調停のメリットとデメリット
特定調停のメリットとデメリットについて説明します。
任意整理 Q&A @
任意整理についての疑問点と回答です。
任意整理 Q&A A
任意整理についての疑問点と回答です。
任意整理 Q&A B
任意整理についての疑問点と回答です。